トリビア〜エンタメ・海外・日本・企業・歴史・語源・食物・生物・植物・鉄道・医学・その他の雑学を紹介〜

海外・日本・企業
スポンサーリンク

「鬼子母神」の鬼の文字には角がない。

東京の豊島区にある「鬼子母神」の鬼の文字には「てん」がない。それは、「鬼子母神像」が鬼ではなく、幼児を抱いた優しい菩薩の姿をしているので、尊敬の念をこめて角がない鬼の字となっているからだそうだ。「鬼子母神」はその昔、般闍迦(パーンチカ)という神様の妻、訶梨帝母(カリテイモ)という女神であった。訶梨帝母自身も500人もの子どもを持つ母親だったが、子どもを育てるために近隣の幼児を誘拐しては食べるという恐ろしい女神であった。訶梨帝母を恐れた人々から相談されたお釈迦様は、その過ちを正そうと訶梨帝母の末の子どもを隠して戒めたという。改心した訶梨帝母は、お釈迦様に帰依して、安産・子育ての神となったそうだ。

その他のカテゴリ

Copyright (C) 2008 トリビア〜エンタメ・海外・日本・企業・歴史・語源・食物・生物・植物・鉄道・医学・その他の雑学を紹介〜. All Rights Reserved. / 免責事項・お問い合わせ