トリビア〜エンタメ・海外・日本・企業・歴史・語源・食物・生物・植物・鉄道・医学・その他の雑学を紹介〜

海外・日本・企業
スポンサーリンク

「お愛想」は本来お客は使わない。

よく飲食店でお店の人に「おあいそ」という人を見かけるが、客側からこの言葉を切りだすのは間違いである。この言葉は、本来はお店側が「勘定のことをいうのは愛想がなくて申し訳ありません」という風に、お客様に勘定を切りだすときに使われる言葉であった。洒落言葉として「あいそつかし」といって、それが略されて「おあいそ」になった。この語源のまま客のほうから「おあいそして」ということは、「こんなお店には愛想が尽きたから、もう清算してください」や「もうきてやらないからな」という意味になってしまう。

その他のカテゴリ

Copyright (C) 2008 トリビア〜エンタメ・海外・日本・企業・歴史・語源・食物・生物・植物・鉄道・医学・その他の雑学を紹介〜. All Rights Reserved. / 免責事項・お問い合わせ