トリビア〜エンタメ・海外・日本・企業・歴史・語源・食物・生物・植物・鉄道・医学・その他の雑学を紹介〜

海外・日本・企業
スポンサーリンク

「シロツメクサ」は詰めものだった。

道端や公園など、春になると色んなところで見かける「シロツメクサ」は、オランダより伝わった草花。江戸時代にオランダ人がガラス製品を日本に送るため、割れないようにこの草花を隙間に詰めて梱包したらしい。そこから「白い詰め草」となり、和名で「シロツメクサ」と呼ばれるようになった。そして、その種子が日本中に広まったともいわれている。また、このシロツメクサはオランダでは国花として広く知られ、キリスト教宣教師のパトリックが葉を用いて病人を治したり死者を蘇らせたりするなど、さまざまな伝説もある。

その他のカテゴリ

Copyright (C) 2008 トリビア〜エンタメ・海外・日本・企業・歴史・語源・食物・生物・植物・鉄道・医学・その他の雑学を紹介〜. All Rights Reserved. / 免責事項・お問い合わせ