トリビア〜エンタメ・海外・日本・企業・歴史・語源・食物・生物・植物・鉄道・医学・その他の雑学を紹介〜

海外・日本・企業
スポンサーリンク

「バッテラ」とはポルトガル語である。

鯖の押し寿司のことを「バッテラ」と呼ぶが、これは日本で生まれた言葉ではなくポルトガル語であり、「小舟」という意味である。酢でしめた魚をすし飯の上に乗せて棒状にし、竹笹で包んだものの形が小舟に似ていたために「バッテラ」と名づけられた。ちなみに元々「バッテラ」は、「コノシロ」という魚で作られていた。1893年に大阪にある鮨屋が作ったのがはじまりとされている。日本には、ほかにもてんぷらやカステラ、キャラメルなど、ポルトガル語が由来となっている食物が多くある。

その他のカテゴリ

Copyright (C) 2008 トリビア〜エンタメ・海外・日本・企業・歴史・語源・食物・生物・植物・鉄道・医学・その他の雑学を紹介〜. All Rights Reserved. / 免責事項・お問い合わせ