トリビア〜エンタメ・海外・日本・企業・歴史・語源・食物・生物・植物・鉄道・医学・その他の雑学を紹介〜

海外・日本・企業
スポンサーリンク

福井県では、正月に水ようかんを食べる。

つるんとしていて喉越しが良い水ようかんは、一般的にお中元に贈るものとして知られ、夏に食べられることが多いのだが、福井県では正月に食べる習慣がある。昔は冷蔵庫などがなかったので、水気の多い水ようかんは痛みが早かったため、雪の多い福井では外で保存できる冬に食べることが定着したのだという。福井県出身の人は、これを食べないと正月がきた気がしないらしい。また、「福井県だけ」という面白エピソードも沢山あり、テレビの砂嵐のことを「ジャミジャミ」という。

その他のカテゴリ

Copyright (C) 2008 トリビア〜エンタメ・海外・日本・企業・歴史・語源・食物・生物・植物・鉄道・医学・その他の雑学を紹介〜. All Rights Reserved. / 免責事項・お問い合わせ