トリビア〜エンタメ・海外・日本・企業・歴史・語源・食物・生物・植物・鉄道・医学・その他の雑学を紹介〜

海外・日本・企業
スポンサーリンク

甲子園の最多奪三振記録保持者は板東英二。

「世界・ふしぎ発見!」で、珍回答をすることでおなじみの板東英二は元々野球選手であった。かつては投手として活躍しており、1958年に開催された「第40回全国高等学校野球選手権大会」で記録した83個の奪三振記録が、今も歴代1位として残っている。このとき、延長18回の死闘を繰り広げ、これがのちに延長戦の規定が設けられるきっかけとなった。ちなみに、かの「ハンカチ王子」こと斎藤佑樹が2007年に出した奪三振記録は77で歴代2位である。

その他のカテゴリ

Copyright (C) 2008 トリビア〜エンタメ・海外・日本・企業・歴史・語源・食物・生物・植物・鉄道・医学・その他の雑学を紹介〜. All Rights Reserved. / 免責事項・お問い合わせ